人と人が支え合ってできるゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』

 街やUSJを歩くだけで簡単にゾンビが摂取できる素晴らしいイベント、ハロウィンが終わって早4日。そろそろゾンビを摂取しないと体調を崩してしまう頃だろう。そんな時、皆の健康を守ってくれる心強いゾンビ映画がこれだ。

 

 『新感染 ファイナル・エクスプレス』だ。普段私はホラー映画を見てもあまり怖がらないのだが、この映画に関しては本当に怖く、むしろこの映画を見てから「恐怖」という感情を知ったと言っても過言ではない。新感染は私の恐怖の母である。新感染に母性すら感じてしまうほどだ。

 新感染の魅力は圧倒的な恐怖、そしてスピード感である。新感染は、その名の通り新幹線で起こる新感染を浸汗腺させながら真観戦する震撼戦ムービーなのだが、ブログを読んでいる皆さんにも臨場感を味わってもらいたいので

 新感染を見て怖がる私のツイートを見せながら映画を紹介していきたいと思う。この先は映画の内容を多少書いているので、注意して欲しい。

 

 新感染の主人公はソグというファンドマネージャーの男性である。ファンドマネージャーが何なのかは知らないが、カタカナが2つも並んでいるので恐らくはIQの高い職業だろう。

 ソグは妻と別居しており、母、娘のスアンの3人で暮らしている。娘ともあまりうまくやっておらず、映画名物「仕事人間の父親と娘」の典型的な関係だ。そして、スアンとソグが母親に会いに、釜山という場所へ向かう新幹線に乗ったことから時間が始まっていく。

 そう、その新幹線に""ヤバイ""やつが乗ってくるのだ。

 今まで書いていなかったが実は冒頭で「車に轢かれても死なない""ヤバイ""鹿」や「新幹線へ向かうまでの道でやたら聞こえる""ヤバイ""サイレン」が登場しており、どこかで確実に""ヤバイ""事件が起こっていることを連想させていた。そして極め付けに新幹線に駆け込んで来た傷だらけの""ヤバイ""女だ。絶対に何かに感染している。私達は新幹線で新感染が始まると予感、いや確信する。

 しかし、ここで怖いのが女の感染を知っているのが「映画を見ている私たちだけ」ということだ。

 私たちは冒頭の情報、女性の傷、そして新感染というタイトルから女性の感染を知ることができた。だがそれを誰にも伝えることができない。車内で「みんな死ぬ…みんな死ぬ…」と呟く訳知り顔の男も登場するが誰も「電車にいる変な人」くらいにしか思っていない。ソグもスアンも車掌も駅員もみんな映画の中の人物で、彼らは何も知らず新幹線に乗っている。誰も救えない、どうすることもできないまま新幹線は動き出す。

  新感染は私たちのIFの世界だ。

「もし家族や友達が化け物に成り代わられていて、それに自分以外誰も気づかなかったら?」

「もしゴジラが出現しても会社や学校を休めなかったら?」

「もしゾンビウイルスに感染している人間が自分の乗っている新幹線に乗り込んで来たら?」

  そんな、もしもを想像してちょっと怖くなって、でもそんなこと起こるはずがないと本気で怖がってしまった自分に照れる。そんな「もしも」が起こってしまった世界が新感染なのだ。

 恐怖と不安と人とゾンビをのせた新幹線はどんどん進んでいく。人もどんどん襲われて、新感染も進んでいく。新幹線とかけまして新感染と解きます、その心はどちらも早いでしょうだ。

 

 そして、 そんな新感染には恐怖以外の大きな見所がある。

 そう、人と人との絆だ。こんなに怖いゾンビ映画なのに、いやこんなに怖い映画だからこそ、 キンプラでミナトの作ったカレーに入っていた林檎と蜂蜜のように、そこにある人間の優しさ、愛情を感じられるのである。

 新幹線の乗客にはみんな大切なものがある。お腹に子供のいる妻を守るお父さん、好きな女の子に会いに行く学生、姉と妹。

 今まで自分のためだけに生きてきたソグがこのゾンビハザードで出会った仲間達、そして娘によって成長していく様はまるでジャンプ漫画のようなアツさがある。友情・努力・ゾンビだ。

 人間の愛は素晴らしいが、もちろんいい人間ばかりではない。人間ドラマとゾンビ映画のバランスがうまい具合にとれているせいでメチャクチャ怖くなっている、それが新感染なのだ。

 

 新感染は怖い。ゾンビも怖い。人間も怖い。この世の全ての乗り物が怖い。正直もう新幹線も電車もバスもモノレールも乗りたくない。

 しかし、怖いだけではなく、そこには確かに愛がある。人が人を想う心がある。怖くて怖い怖すぎる怖い世界で一生懸命生きて、新幹線とともに走り続けた人間たちの映画、それが『新感染 ファイナル・エクスプレス』だ。

 もし興味があるなら皆さんも新感染を観て、彼らの生き様を見届けて欲しい。そして電話でもかけてみよう、映画を観て、自分の頭に浮かんだ大切な人に。