ゴーンガールは観るスポーツ

f:id:sabanomisoni45:20180603184049p:image

f:id:sabanomisoni45:20180603184102p:image

尊いなどと言っている場合ではない。

図1.図2は漫画や映画に一人はいる、「不穏な状況で大興奮しているやつの図」である。彼らは何か不穏なことが起きる度にやたら喜び、オタクのようにはしゃぎまくる。例え世界が滅びかけていても「面白くなって来やがった」だ。私は一般人のため、不穏な状況を見ると普通に気持ちが暗くなる。しかし、私たちがたった150分で彼らの一員になれる方法がある。

 

ゴーン・ガールだ。

今すぐレンタルビデオ屋に走るか、インターネットの動画配信サービスを利用してゴーン・ガールを視聴する。それだけで私たちはもう不穏な状況に大興奮する狂った一団の仲間入りである。

ゴーン・ガールは陽気なガールズムービーではなく、突然失踪した聡明で美しい完璧な妻、エイミーを探す夫のサスペンス映画だ。明るく楽しいシーンは少なく、映像も色味の暗いシーンが多い。しかし、「暗そうな映画は元気な時にしか見れないよ」や「ラスト15分でどんでん返しさせてくるパターンでしょ」などと思っていたら嬉しい間違いだ。

このゴーン・ガールは観るスポーツと言っても良いほどのハイテンションムービーだからである。ハイテンションムービーと言っても、ハイテンションになるのは映画ではなく私たちの方だ。私は以前、踊らないタイプのインド映画を観た時、映画の代わりにEDに合わせて自分で踊ったことがあるが、この映画も同じだ。一度映画を観れば我々のバイブスは天高く上がり、会場は歓声で溢れる。クラブでかけても大盛り上がり間違いなしの神映画だ。

この映画を観た時、私は所々で一時停止をして家族に感想をまくし立てていた。絵に描いたような「不穏な状況で大興奮しているやつの図」の出来上がりである。友達がいるラッキーな人間は、一緒にお酒を飲んで話しながら観ると更に楽しいこと間違いなしだ。

内容に関してはここで書くべきではない。このブログはいつも映画の内容を書かない。内容を書く文章力がないのも大きな理由のひとつだが、ネタバレなしで観て欲しいという気持ちが強い。このブログを見て少しでも興味が湧いたら、ゴーン・ガールを観ることがオススメだ。そして貴方もなるのだ。「不穏な状況で大興奮しているやつの図」に。