素晴らしい人生

 人生が楽しい。最高である。

 

 こんなことを書いていると「おいおい、Twitterのアカウント名が生きているのがムチャクチャ楽しいのやつが何を分かりきったことを」と思われるかもしれないが違う。実は最近あまり楽しくなかったのである。

 

 大好きなソーシャルゲームも疲れて続けられなくなったし、特に熱中していることもない。  何だかお腹も痛い。(胃腸炎だった)

数週間前に友人と行った人気のあるんだかないんだかよくわからないラブホテルで観たトイストーリーの楽しい思い出だけを誇りにただ呼吸しているだけの毎日だ。

ポケモンの「ラプラスにのって」という歌を聴いて泣き、「ラプラスににも乗れない。どこにも行けない」などの怪文書をTwitterに投稿したこともある。

哀れである。

 

しかし、もうそんな時代は終わった。

止まない雨はない。

明けない夜はない。

 

僕を呼ばない君の名前はない。

 

 

ご覧いただけただろうか。世界の見え方が変わる瞬間を。

実はこれを見て欲しいがためにブログをはじめたので動画を見てくれたらもうこの先は読まなくてもいい。動画を見てくれさえすれば正直前振りも読まなくていい。 

 

ルカ・グァダニーノ監督の映画「君の名前で僕を呼んで」である。

予告編しかみていないので内容はよく知らないが、美少年が美青年と出会い初恋を経験する映画らしい。実に素晴らしいストーリーである。

まず「君の名前で僕を呼んで」というタイトルが素晴らしい。原題は「Call Me By Your Name」と神だが、この素晴らしい題を損なうことなく翻訳してくれた人に感謝をしたい。

数ある呼び名の中で Youを君、Meを僕としたのが実にナイスだ。

これがもし「貴様の名前で我輩を呼んで」なら契約を持ちかける悪魔だし、「お主の名前で拙者を呼んで」なら確実にどちらかが影武者である。この映画のタイトルが「君の名前で僕を呼んで」で本当に良かった。

 

オリバーを演じるアーミー・ハマーも大変美しい。お砂糖、スパイス、素敵なものをい〜っぱい。全部混ぜると出来るのがこちらのムッチャかわいいアーミー・ハマーだ。口から二酸化炭素ではなくシーブリーズを放出しているのではないかというくらい爽やかな爽やか王子と6週間も共に生きるのである。エリオもそりゃ恋に落ちるってもんよ。アミハマの同担として是非エリオには幸せになってもらいたい。日本での公開が楽しみだ。

 

そんなわけで今人生がとても楽しい。最高だ。

それ以前のことは忘れた。それ以前は存在しない。私は今この時に生まれた。とにかく早く4月になって欲しいと願うばかりである。